The day of the end war,

14.08.15

large-4c6814448c9a4

 

 

今日で、日本が終戦を迎えて69回目の年を迎えます。

 

わたしも、一人黙とうをしました。

 

写真にもあるように、日本は一度焼野原になっています。

広島と長崎には、原爆も落とされている。

 

そこから、今の日本が作られて69年しか経っていないのは、とても凄い事です。

 

先人達が、どんな思いで今の日本を創り上げたのか?

 

とても灌漑深い事です。

 

 

しかし、今の時代しか生きた事がない自分には、当時の凄惨さや人々の思いを知る事は出来ません。

 

想像の範囲でも、凄惨な状況であるのに実際はその想像の倍以上もの苦労や苦痛があったのだと思う。

 

 

そう考えると、自分が生きていて感じる壁や大変さなど【対した事はない】と思えてくる。

 

自分にとっては、祖父や祖母が戦争経験者だが、今となっては当時の事を聞くことは出来ません。

 

今の、この豊かさは自然になって物などでは決してなく、創り上げられ我々の世代に先人達から与えられたものであるという事を決して忘れては行けない。

 

今をどう生きるかを、先人たちに感謝し生き抜かなければいけないと改めて考えさせられる日です。

 

 

黙とう。