MAISON Re:TAILORのオーダーで仕立てる春のジャケットスタイル,

18.05.02

maison_re_

 

展開しているオーダーメイドサロン。

 

MAISON Re:TAILOR/メゾン リテイラー

 

3月の受注会で仕立てておりました、オーダー品が納品されてまいりました。

 

早速取りに来られたお客様からも、『テンション上がるわ』とのお言葉を多くいただき我々も嬉しい限りです。

 

 

 

僕も、今回はジャケットを2着仕込んでいて、仕上がったジャケットを早速。

 

 

img_6703

 

イタリアのカノニコの生地を使用した春夏に活躍する軽めのジャケットをオーダー。

 

ずっと、作りたかったベージュ×ブラウンの生地にやっと出会えて嬉しかった。

しかも、現物生地だったので1点物感もあってなお嬉しい。

 

 

img_6704

 

こんなチェック地です。

 

ポケットは、全てパッチポケット(アウトポケット)仕様にして、ラフでカジュアルな仕様に。

 

 

最近は、ジャケットやベストのみのオーダーも非常に多くて、ジャケパン提案の認知度も上がってきているのを実感します。

 

 

img_6707

 

春夏素材なので、裏地も薄手のものをチョイスし、背抜きの仕様にして軽さを出しました。

 

 

img_6708

 

手の出しやすい高級生地として人気のCANONICO/カノニコ。

 

色に一目惚れしました。

 

 

img_6709

 

ボタンもイタリア製のボタンを生地色に合わせてチョイス。

うまく馴染んでくれました。

 

 

img_6706

 

img_6705

 

我々のオーダーを体験したことのある方は、馴染みのこの仕様。

 

フラワーホールと袖ボタンホールの糸色替え。

 

今回は、アクセントになるように、糸色をエンジ色にしました。

こちらも人気のディテールで、よりオリジナリティーが強調できる部分になりますので、オーダーの際は是非。

 

 

img_6698

 

インナーに、デニムシャツとデニムベストを挟んで、ボケてしまいがちなベージュのセットアップにアクセントを出しています。

 

 

こんな春ジャケットスタイルもオリジナルティーがあってオススメですよ^^