生で現場を見ることの大切さを知る,

19.11.19

今日は後半からいきなり大雪の札幌。

完全に積もるやつです。

 

そして、後1ヶ月半で令和元年も終了。。って早くない?

後半特に早い。振り返る間もないくらい早い。

 

今年は、HOKKAIDO DOWN PROJECTみたいに、やりたい!やろう!って思ったことも決まって、一気に駆け抜けた感もあったから特に早く感じた気がする。

今年は、独立して出張やら何やらで色々札幌から出る機会が多くて、会社の現場を守ってくれていたメンバーに感謝です。

 

昨日は、ちょうどダウンの2ndサンプルを持って、3rdサンプルアップへ向けた大事な打ち合わせ。

HOKKAIDO DOWNのダウンは、プロジェクト名に北海道と付くだけあって生産の全てを北海道で完結させています。

北海道で企画して、北海道でデザインして、北海道で生産して、北海道から販売する。

完全なる、MADE IN HOKKAIDOです。

 

 

img_0711

 

最近は、もっぱら2ndサンプルを着込む毎日。

デザインやサイズ感の確認はもちろん、自分で外でデイリーに使うことで見えてくるあんなことやこんなこと。

そこで気付いたことをメンバーと共有して、メモして次に生かしていく。

その繰り返し。

 

僕らは今回、1型目というのもありサンプルアップを3回行います。

3回目に仕上がるのが、最終のサンプル。

最終は、各カラー全サイズアップします。

 

サンプル代もバカになりません。

サンプルは量産コストよりも高くて、今どきは1stサンプル上げて修正かけて量産というのがスタンダードなスタイル。

よっぽどの事がない限り、2ndサンプルまでアップすることはそうありません。

 

それでも、僕らが3rdサンプルまでアップする理由は、

 

自信を持って納得できるアイテムを責任持って作りたいから。

 

これです。

コスト面で考えると、効率は悪いのですが初回だけに命かけて取り組んでます。

 

img_0714

 

札幌の自宅から小樽の工場まで、1時間ちょっと。

イメージを膨らませたり、どんな打ち合わせにしようかとか、色々考えるにはちょうど良い時間。

この移動時間って好きで、一人で無になれたりするから良いんです。

 

 

img_0717

 

住宅街の中にひっそりと佇んでいます。

 

 

img_0718

色々な最新機械がある中で、こんなVINTAGE感あふれる物が展示されていたり少し興奮。

 

 

いつも、工場では見尾田社長と雑談を踏まえながらのトーク。(8割は無駄話しという噂も

 

ここの工場実は凄くって、誰もが知っているようなコレクションブランドや日本の超メジャーなブランドの生産を手掛けていたり。名前が出せないのが残念。。。

中でも特に、アウターが得意中の得意。

しかも、置きにいったアウターじゃなくて、ちょっと癖のあるというか変態的な物が得意。笑

変態っていうと失礼か。普通じゃない解釈のアイテム。

 

そして、ここだけにしかない特許をもった技術がたくさんあったりします。

 

得意としているダウンもそう。

洋服の中にダウンを詰める機械も特別な物で、特許を取った特殊な機械でダウンを封入するので、中に詰まるダウンの入り方にもこだわっています。

素敵。

 

img_0721

ここから、とんでもないクオリティーの衣料が作られています。

 

 

見尾田社長とは、今から13〜4年ほど前に1度だけお会いした事がありました。

当時は、僕もロン毛にヒゲで20代半ばのチャラチャラした感じで今思うと失礼なやつだったと思います。

その頃から見尾田社長は面白い物づくりをされていて、名だたるブランドの生産を手掛けており凄いな〜って思っていましたが、当時は僕らも本格的な物づくりはしていなかったので、それ以来お会いすることもありませんでした。

昨年末、HOKKAIDO DOWNの企画を思いついて、このプロジェクトを実現させるには、見尾田社長の力を借りるしかない!って思って、ダメ元で電話しました。

僕が昨年末に描いたHOKKAIDO DOWNの想いを今年の頭頃に電話でブチまけたときに、『ご無沙汰しております、十数年前に函館で〇〇社長のご紹介で1度会食させていただいた際にご紹介いただいた、ロン毛にヒゲの大崎ですが、覚えていらっしゃいますか?』と言う、およそ37歳とは思えない第1声をかけたら、『あぁ〜覚えてますよ!随分お久しぶりですね!どうしたんですか?』って。

 

そんな事あります?笑

感動しちゃって。

溢れる思いの丈を話して、工場に行きますっていきなりメンバーで押しかけて。

 

企画の概要を伝えたら、『面白いですね、やりましょう。僕も一緒にやりますよ』なんて言ってくださって。

テンション上がってしまいますよね。

 

そこから、足繁く通って想いを形にしてくれて。

昨日、行って打ち合わせしたときに近況報告や今の問題点、今後の課題など諸々話したら、『僕らは出来る限りのことはしますし、それ以上の協力もします。僕は乗り掛かったと言うか一度乗った船を降りることはしませんから』って。

十数年前に1度だけ会食の場でお会いしただけで、今年企画持ってやり取りしただけなのに、ここまで言ってくれるなんて。

 

燃えない訳がないです。

 

絶対成功させる。

大好きな北海道から、北海道からしかできないことをする。

そして、これだけ僕らの想いに共感してくれた人たちがいるんだから、勝ちに行く。

一緒に勝ちたいって思えた。

 

img_0722

この企画はまだまだ荒いし、僕自身まだまだ成長しないといけないなって強く思った長かったようで短かった一年がもうすぐ終わる。

 

後から振り返ったら笑い話になるけど、この時があったから今があるって思える残り1ヶ月半を過ごそう。

 

こうして、一つのブランドが。

一つのアイテムが出来あがる物語も一緒に共有できたらいいな〜って思っています。

 

どうぞ、お付き合いください。

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キャッシュレス時代だからこそ⁈

・MAISON Re:TAILOR別注レザーマネークリップ発売中

dunrite_retailor

BetheL Online商品ページ
http://bethel-by.com/?pid=146598122

Re:Product Yahoo Shoppingページ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/bethel-by/madu-001.html

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

bethel
BetheL Online

http://bethel-by.com/
札幌中央区南3条西1丁目1-1 南3西1ビル1F
011-210-9901
info@bethel-by.com  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・BetheL Official LINE@

友だち追加

定期的にお得なクーポンや入荷情報などを配信しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜repro_logo1

Re:Product Yahoo Online

https://store.shopping.yahoo.co.jp/bethel-by/

 

 

 

img_0711